« 今日一日 | Main | 予定変更→強行軍 »

信州へ

信州に行ってみたくなった。で、行くことにした。

新宿のチケットショップであずさのチケットを仕入れ(珍しく往復分を買う)、
松本行のあずさに乗ろうとしたものの、連休初日ということもあり、
既に、指定は満席。自由席に並ぶ。

3日分の着替えは、気温差も考慮に入れて、あれこれ詰め直したが
30Lのバックパックはパンパンになった。前のは23Lだから、
相当、大きいはずなんだけど。
セパレーツの雨具も、手動で充電できるラジオ付懐中電灯も入れたし。

それに一澤帆布の肩掛け。これが便利なサイズ。ただ、丈夫な分、
以外と重かった。靴は軽登山靴。もちろん、これは正解。

予定では松本から信濃大町、そして、信濃木崎、へ。

大糸線の車窓に見える田んぼはどれも黄金色。
重たい稲穂が倒れていた。そこだけ穴が開いたように倒れているのだ。
稲刈りの風景があちこちで見られた。
(子供の頃、小林旭がCMで歌ってた「コンバイン」の歌が
頭の中を反芻した。)これが秋だ~って感じ。

木崎湖畔のYHで一晩泊まり、小熊山にトレッキングという予定だった。
大糸線の電車の中で、山を縦走したことを興奮気味に話していた若者が
いたが、それを聞いて、「いいなぁ、若かったらなぁ…」としみじみ思ったものだ。

しかし、次の日、この予定、これが、ほんとに、「…なんてね」になってしまう。

大糸線はワンマン運転、信濃木崎は無人駅。今回は車掌さんのおかげで、
信濃大町で電車を待っている間に松本からの分、740円を精算できた。
(こういうのが旅の楽しみなのだ、ふふふ。)
ワンマンだから、自分で開閉ボタンを押して、一番前から乗り降りする。
(10年くらい前、それで痛い目に遭いそうになったことを思い出した。)

そこからYHまでは15分ほど。
昔懐かしい民宿で、7時にはご飯もすまし、ぬるめの温泉お風呂。
湯上がりに、缶ビール1本。自分で布団を敷いて…まだ、それで8時すぎ。

ま、季節柄、一人一部屋だったし。地上波だけのテレビも久しぶり。
見るものがない。それでも、テレビをつけっぱなしにして、
荷物の詰め直しをしたり、ぼーっとしたり。

次の日、朝ご飯も7時で、ということだったので、結局、寝転がる。
窓の外はまっくらな闇だし、音も虫のすだく声だけ。
窓から入る風はもちろんひんやり。これがいいんだよなぁ。

その日は、私以外、自転車ツーリーストの屈強なおっちゃん3人しか
泊まり客がいなかった。

トイレが階段を下りたところに共同用のしかないっていうのが、
とてもなつかしい感じだった(苦笑)。和式だよ、もちろん。

トイレに行って、寝たのは夜11時くらいだった。

|
|

« 今日一日 | Main | 予定変更→強行軍 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65173/58210400

Listed below are links to weblogs that reference 信州へ:

« 今日一日 | Main | 予定変更→強行軍 »