« May 2013 | Main | July 2013 »

目白台、漱石

梅雨の晴れ間。

洗濯しない手はない。シーツからあれやこれや。

そして、今日は選挙に行かなくてはいけない。
「大事な権利なんだから行けよ!」と弟に手渡され(こんなの、初めてだcoldsweats01
近くの小学校へ。出口調査をやっていたが、声も掛けられず…ま、いいか。

その後、自転車で目白台図書館に行く。
借りたい本が目白押しで(苦笑)、あれこれ10冊ほど借りてくる。
山下洋輔の対談、清水義範のイスラム旅行記、浅岡聡のリコーダーの本、
読みかけの永田家の短歌の本、内田百閒、路地の本などなど。
どれから読もうかなぁ。昨日借りたのもあるしなぁ。

帰り道、目白通りを行くうち、ふと思い立って、雑司ヶ谷霊園に向かう。

雑司が谷霊園にある夏目漱石の墓にお参りしようと思って立ち寄ることに
したのだ。都電荒川線沿いの道から坂を上って墓地に入っていった。
漱石の墓はとても大きい。

また目白通りに出て、帰着。
ふかふかの洗濯物を取り込んですぐ、大粒の雨が降ってきた。夕立だ。

雨上がりは涼しくて気持ちがいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

本とおいしいもの=週末

このあいだ借りた大江光のCDを返そうと勇んで中央図書館に行ったら、
なんと特別整理休館中。
5時でおしまいだったので、必死で、電車に乗り、目白図書館に。
何十年かぶりで(高校以来?)、様変わりした、椎名町駅で降りた。

目白図書館では、かねがね読みたかった「緋文字」を発見。
ああ、神様!って感じ。

最近、「坊っちゃん」を読んで、漱石がちょっとしたマイブームになっている
こともあって、今日は「草枕」を借りてきた。
「三四郎」「それから」「こころ」は子どもの頃読んだことがあるのだが
(「こころ」は偕成社、「それから」は筑摩文庫…三四郎は…どこのかな、
読んだ記憶しかない。)

「草枕」は積読で、読んだことが実はなかった。(いかんですなcoldsweats01
芸大美術館でやっている漱石の展覧会もそのうち行きたいし、
漱石の筆致のリズムが実は結構心地良い。

読みたい本がたくさんある。

昨日、偶然、リコーダーの生演奏を聴くチャンスがあって、かなり良い気分。
「恋のうぐいす」ほか、本当にラッキーなことだった。
チェンバロの伴奏で歌うこともできたし。こんなこと、稀なことだ。ほんとに。

風呂上がりに、発泡酒と、レモンをちょろりと垂らしたハイボール。
アテは、即席で作った野菜のマリネに豚バラとトマトとキャベツのスープ。
あと、行者ニンニクのじゃがいもコロコロ。

「島の先生」は、涙、涙、涙…。こんなにホロッとくるのは寄る年波か(苦笑)。

なにはともあれ、週末wink

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

感覚でやっているもの

雨降りで、ちと寒い。

フル(-ト)マラ(ソン)の演奏についての感想をいただく。
「Water is wide」のビブラート…実は、とても緊張して音が上擦って、
震えてしまったというのが本当のところなのだが…
心地よい響きがしたとか深い味わいがある感じがした、なんて
感想をいただき、ありがたかった。

レッスンは再びギースベルトに戻る。拍の取り方が難しい。
…というか、私、リズム感がないのだなsad
すごくそれを実感する。不器用だしな。

感覚でなんとなくやっているものを、こうだから、こう、というふうに、
論理的?に納得して、その納得したものを感覚として表現できたら
いいけど、そんな難しいことが私にできるだろうか。

さあ、これをなんとかして、克服できるかな。克服したい。
メトロノームと仲の良いお友達になって、練習、練習、また練習
するしかないか。次のレッスンまで1ヶ月くらいある。

こんなことを考えるのは茂木大輔さんの本を読んだからにちがいない(笑)。
おもしろくて、一気読みしてしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

盛りだくさんの1日

今日は盛りだくさん。

午前中は、短期集中で行ってる(あと1回)English conversation
(Talking,Talking,Talking…。2時間みっちりhappy01。)
やっているときはとっても楽しいのだけど、終わった後は、頭が飽和している
のがわかるwobbly。年かな。

そして、フル(-ト)マラ(ソン)。お昼過ぎから、ずーっと発表会。

自分がやりたいものをできるのはうれしい。
いや、今回は練習を手抜きしていたのが直前練習でもしっかり出て、
先生を落胆させたのがわかったので、昨日、アワアワしながら、4時間ほど、
個人で密室練習。高音のサミングと、渡り音の運指を確認sweat01
それににしても…。地道な練習が大事だと、改めてわかった次第。

今回は、以下の、メニュー。

「The Water is wide」をギターを合わせてもらって、ソプラノリコーダーで。
そのあと、アンサンブル(アルトリコーダーを担当)で、

「マンボNo.5」
「Top of the world」
「バロック ホーダウン」(エレクトリカルパレードで有名)

もっともっと練習しなきゃ、というのと、やっぱり、やると楽しい、
楽しかったの一言。

今日は正直、とても疲れた。
ま、でも、これをエネルギーにまた明日からgoodrockup

終わりよければ全てよしbleahhappy02

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« May 2013 | Main | July 2013 »