« March 2013 | Main | May 2013 »

帰り道。晩ご飯。

路地を歩いていているうちに、中村彝のアトリエ前に。
今度来てみよう。

おとめ山公園が拡張され、きれいになっていた。
今度来てみよう。

お気に入りの空間になりそうなコーヒー屋も見つけた。
駅前なのに、普通の家みたいな、コーヒー屋さん。
ついつい、本を読んで、長居してしまう。

長芋とにんじんと骨付きの鶏で和風のポトフを作ったら、
これまた、うまし。こんぶだしと酒が食欲をそそる。
それに、白いご飯とめしどろぼ漬けで十分でござる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

昨日、今日

昨日の夜、NHKの舞台中継、観世流 能『求塚』 最初から最後まで見た。

…亡者は失せにけり。

その後のシテ観世流お家元のお話で印象に残ったところ。

この能は、おとめの独白が大きな主題。なにより、自分を責める…。
塚の中からの声がこれまた圧倒される。舞台装置が簡素だから、
こんなに声が驚きをもって受け止められるのか。
いや、私が初めて見たから圧倒されたのか。

また、後半の霊女の面はすごみがある。裏は骸骨のような感じだそうな。
確かに。言われてみれば。木目を見ると、自然に作られた形とな。
こういう木の彫りを面の作り手はわざと選んだのか。ふむふむ。

役者は、演じる際に、「せつなさ」は出してはいけないそう。
共感するのではなく、他者として見る?
いや、自分でもなく、演じるそれでもなく、大いなる何か…になれ?
ふむう。

今日は休日診療の医者に行く。調剤薬局で思った以上に待たされ、
つけまつげ店員の含み笑いにイラッとした。というか、妙にむかついた。

初めて会った医者の極めて論理的な説明に妙に感動し、納得したのと、
フレディ・マーキュリーが歌っているのをテレビで見られた、
福山雅治がかっこいいから、ま、いいや。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

不覚

「家族の歌 河野裕子の死を見つめた344日」のページをめくりながら、
何ページか、意識的に立ち止まって、文字を目で追った。

自分の目に涙が浮かび、こぼれていくのを感じた。
あ、人がいるのに…不覚にも…あ、ハンカチがない…。

これ、絶対読まなくちゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

今日は

今日はサイアクの一歩手前、踏ん張り状態(苦笑)。
のどぬ~る ぬれマスク 加湿のおかげでなんとか(苦笑)。

それなのに、道に迷って、春の青空に誘われ、ふわりふわり。
こんなところに切支丹屋敷が…こんなところに漱石が。
こんなところに図書館が(笑)。

まっ、いいか。

たまったドラマも見たい。落語も聞きたい。本も読みたい。
ああ、その前に大声を出したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

夜の図書館は

夜の図書館に寄る。夜の図書館はとっても静かだ。

『短歌研究』の永田和宏と穂村弘と岡井隆のところを読む。
永田和宏の短歌2首にひどく心打たれる。
春の緑に触れたくなる。息をしたくなる。

以下は、私の (口に出た呟き) 。

鼻水はずるずる  大豆の酸辣湯は熱々
鼻水はずずーっ 頭の中はエレクトリカルパレード
鼻水ずるずるずる エレクトリカルパレード鳴りわたる

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

伝えたいことは何か

NHKの合唱コンクール課題曲の歌い方(?)の番組を偶然見た。
短い番組ながら、食い入るように見てしまう。とてもおもしろい。

メロディーに言葉をのせる、っていうより、言葉の連なりがどんな意味を持つ
のか、連なりの力がどうメロディにのっていくのか、いや、どのようにメロディ
にのせていくのか。歌う人たちに指導者は問いかける。
歌詞がパートからパートに移っていくとき、どのように、感じながら、歌うか。

「感じたことを言葉にしてみる」。

伝えたいことは何か。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

大丈夫、大丈夫。

毎日、長くて短い(なんのこっちゃ)。

最近、目についたもの。「萩の舎跡」。そうか…こんなところに一葉が。
その近くの伝通院。ライトアップされていて、きれいだった。
バス停の名前くらいしか認識がなかったから、とても新鮮に感じた。
その近くの「牛天神」のぼんぼり。暗闇のなかに。気がついたことって、大事だ。

図書館に借りっぱなしの本を返しに行って、新しいのを借りてくる。
「精選女性随筆集 向田邦子」 いつ、いってもなかったの。人気があるんだなぁ。
やっと、借りられる。喬太郎の「落語こてんぱん」などなど。
頭の中は飽和しているけど、好きな物が選べているのだから、大丈夫、大丈夫。
頭痛と神経痛と顔の違和感…痛みの記憶は何かと連動しているらしい。
気をつけよう、って思う前に、反応しているからしかたない。しょげる。
でも、大丈夫、大丈夫。絶対、大丈夫catfacecatfacesun

あ、このあいだデパートで見た、沖縄音楽調の木琴の音、癒やし系だったなぁ。
そうそう、ソプラノリコーダー、買いました!
「バロックホウダウン」練習してる。難しいけど、おもしろい。
「The Water Is Wide 」も。流れるように、吹けるようになりたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

…なこと!

豆ご飯。鰺の塩焼き。冷や奴。

『笑点』『ちびまる子ちゃん』『サザエさん』を録画しないで、
連続して見ること。

…頭を動かすこと。考えること…は楽しいこと(のはず)。
言い訳しないこと…(ってことは)言い訳しているんだな(苦笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

思う前に

「…でも」って思う前に、できたことを、うれしかったことを積み重ねよう。
ときどき、「…でも」って振り返ろう。

「ゆく川の流れは絶えずして、もとの水にあらず」

とらわれない。

人は人。自分は自分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

買い物三昧

今日は買い物三昧(苦笑)。自転車で新宿に行く。

久しぶりに伊勢丹新宿店に行った。
なんだか、また(←ここ、強調)高級感が増した(苦笑)。
洋服とか靴とか、買えるものがまた減った感じがする…(苦笑)。

今日のお買い上げは、「信三郎帆布のkagosima makoto コラボバック」
限定150個で、グレーのをチョイスした。かわいいですcatfish

あ、あと、mujiにも行った。

メンバー割引最終日だったので、ストッキングをたくさん~。
前は10足いくら、だったのに、今度は3足いくら。
たくさん入っているのにお得感を感じるのはおばさんだから、だろうか(苦笑)。

ここまで来たからには、と、muji cafe で遅いランチ。3品ご飯付き。
ちょっとおかずが上品過ぎたかな、と思う分量だった。

あ、そのあと、衝動買い。タモ材のミニテーブル。ふふふ。組み立てられるかなぁ。

あとは買った物を使って私が使う=考える、動く、というわけで、
明日から、新たな一歩。

追記:西口の高層ビル街を走っていたら、空がとても青かった。
   
   近くにいた家族連れのお父さんが子どもに、交差点の信号をつないでいる、
   アートな円形を指を指しながら"regarde ce cercle. "って言った。
   おもわず、私も、見てしまった(笑)。vous êtes français.
   頭の中の断片的な知識があ、つながった、通じてる、わかる!って思った
   瞬間だった。なんだかとってもうれしかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ハッとした瞬間

4月最初の土日、やっと引きこもりを解消して(苦笑)、情報収集に出かけた。

土曜日は嵐が来る予報のなか…お台場へ。
日曜日は、人身事故があって電車が乱れているなか…京王線の橋本へ。

良きにつけ、悪しきにつけ…あれやこれやと考えた。

やっぱ、考えるには、動くことだ。
動いてみると、自分一人では気がつけなかったことに気がつける、ということだ。

なんか、あたりまえの道理かもしれないが…
ハッとした瞬間が大事、ということで、明日からがんばろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« March 2013 | Main | May 2013 »