« July 2012 | Main | September 2012 »

明日から

夏期講習はほんとに、おしまい。長かった(苦笑)。
都内あっちこっち大学の問題を集中的に、約10年分は解いた。
おかげで自分の癖もわかってきた(苦笑)。ありがたいことだ。
毎日12時間ちかくブースを行ったり来たりしていた生活から解放された(苦笑)。

明日から日曜まで4日間だけ、完全休業。

さっそく図書館に行って、読みたかった本を借りてきた。

幸田文にしみじみと感動し、池澤夏樹にハッとする。堀江敏幸に虚をつかれる。
和歌に心動かされ、NHKスペシャルドキュメントに何ともいえない気分になる。

本を読む時間が至福の時間になりそうだ。時間はたっぷりある。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

ネクタリン

東中野のスーパーでネクタリンを見つけた。

私は白桃よりも酸味があって歯ごたえのあるネクタリンが好きだ。
甘酸っぱいのがいい。そして、コクがある。
そのまま食べても、ヨーグルトにまぜてもおいしい。

信州の夏の味、って感じがする。

丸なす、おやき、こしょう…。
秋になったら、秋映。あんず。梅の砂糖漬…。

そういえば、最近、行ってないなぁ、信州。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ものづくし

おいしいもの。

肉厚の椎茸とアスパラとズッキーニのバター醤油炒め。
杏のジャム。軽井沢の沢屋のがいい。
焼きたてのふかふかのパン。
冷や奴のキムチのせ。

冷えた缶ビール。

見ていて、暖かい気持ちになれるもの。

ポニョ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

楽しいことも怖いことも

リコーダーのレッスン日。

サミングがやっぱりできない。お腹を支えると音は出る。
でも、首の筋肉が力んでしまい、変に、唾液がたまって、息ができなくなり、
苦しくなる。
息継ぎのタイミングを逸して、必死で吹くあまり、意識的に空気の通りを
阻んでしまっているらしい。
あとはやっぱり半音階。ああ、これは運指の問題だから練習するしかないか。

帰りにシェーキーズでピザ。野菜とピザヒーロー1枚ずつ。

宅配野菜に葡萄がwink。季節の変わり目なんだなぁ。
ズッキーニとなすも。またラタトイユかな。それともスープカレーかな。

自転車の駐輪場で自転車の将棋倒しをしてしまった。おかげですねに青あざが。
なんとはなし、右の足の付け根から痛い。打ったすねも右だった。

そのあと、自転車の右のブレーキの線がぬける。ああ、怖かった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)
|

夏の食卓

夏といえば、ラタトイユ。

八百屋に行ったら、熟れ熟れのトマトがあったので、
冷蔵庫であやうくなっていた(苦笑)ズッキーニの切れ端、なす、ピーマンに
しめじを足して。片手間に、枝豆を塩ゆで。
全てが鍋で煮られているうちに、カマスを焼いて、大根をおろす。

缶ビール片手に夏の食卓。岐阜での豊かな暮らしを思い出す。

ああ、美味なるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

平凡な休みの日

寝ていたらあっというまに夕方。

朝、おなかが痛くて目が覚めたが…疲れかな。
朝の雨と雷はすごかった。

夕方、学習院の近くを通ったら、「蝉の大合唱」(笑)。
雨が降った後、急に暑くなったせいもある。
あそこは古木の大木が多いからかな。本当に小さな森だけど。
目白の「昔ながらの」お屋敷町は、ほんと、「緑」が目につく場所だ。
一軒一軒の地所の広さはもちろん言わずもがな。

日が落ちた後の涼しさは夏の終わりをちょっと感じる。

自転車に乗ったら、体のあちこちがギシギシいった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

一山越えたかな

いろいろあった一週間(というか)半月でしたが、
なんとか「一山越えたかな」って、今日、思いました。

今まで培った「なんとかなる」って考えたことは一つ残らず打ち砕かれました。
打ち砕かれたから、見えたこともあります。(って、のろけすぎかな。)

明日、明後日と正真正銘、休みです。
昨日も休みで、一息つけたのは大きかったです。
大局的にリセットするっていうのは大事なことです。

自分と関わり合う人たちの一言も大きいです。

私の時計の文字盤は貝でできているので、光で色が変わって見えるのですが、
「螺鈿ですね」と言ってくれた人がいて、うれしかったです。
自分では全然気がつかなかった視点だったので。

周りが見えなくなる私と一緒に見えなくなる人がいることも。
私は、もっともっと、がんばりながら、落ち着いていかないとね。
(これが一番難しいbearing)。

あと14日あまり。「群書類従」や「螺鈿」、端々に聞こえる言葉に喚起されながら
私も一歩ずつ進んでいきましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

どうしても読みたい本

今日は正真正銘の休み。

ゴミ出しに5時すぎに起きて、またダウン。
目の奥が重いし、頭痛がとれない(苦笑)。昨日のたった1杯のハイボールで?


昨日、開高健「夏の闇」を買った。
「輝ける闇」を読み終わったら、やっぱりこれを読まないと。
久しぶりに、どうしても、どうしても読みたい本に出会った。

古今亭 志ん生の「なめくじ艦隊」も。図書館になかったし、これはご褒美だな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

なんとかなるさ

今日と明日は八王子に行く。

昼間の雨で少し涼しくなったような(気持ちだけか)。
あさってからはいろいろあるのでちょっと体調が心許ないのだが。
水分補給用のサーモスは離せない。

電車でもまず、座る場所を探してしまう(苦笑)。
転ばないように、気持ちと歩くテンポがずれないようにしなきゃ。

ま、なんとかなるさ(、多分)。ぼちぼちいきましょう、自分(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

夏の日曜日

気持ちのいいくらい、日差しが、かんかん。

家の中にいるのに、暑い。
でも、ときどき、糸のような風がある。背中にある窓から時々ちょろっと。

さっきまで冷房をかけていたが、29度まで下がったので、冷房をとめた。
冷蔵庫にじーっといる感じ。それもしんどい。
冷房を止めてからまだ30分くらいなのに…もう32度(苦笑)。

だいぶ前に買った開高健「輝ける闇」を読み始めた。
テーマは戦争。小説なのにルポルタージュ風で、淡々とていて、でも、
不思議なくらい、リアルに感じる。
「こわい(恐怖心)」というより「いつ何が起こるか、怖(おそ)れる」っていうか。

毎年、夏は戦争に関する本を読んでいるような気がする。
やっぱり、夏だからなのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

くたびれた

朝からで、川越の向こうまで行った。
特別な事がなきゃ、まず、絶対に行かない場所だ(苦笑)。

とにもかくにも、こんなに必死になったのは久しぶり(苦笑)。
ほんと、鍛えられた。それに、こんなにタイトなスケジュールは初めて。
昼にパンを片手に、食べながら何かするなんて、いつやったっけ(苦笑)。

行ったところは今まで見たり聞いたりしたこともなかなか経験できない
環境だったのでとても新鮮だった。目にやきついた(笑)。

帰りは正真正銘へとへと。
駅の下り階段で足がもつれたけど、前に歩いていた人の鞄のおかげで
奇跡的にセーフ。ほんと、奇跡だった。
あそこで落ちてたら、去年の再現やん(苦笑)。もっとやばかったかも。
前のめりに落ちそうだったし、いや、落ちたら…サイアクの結末だった。

川越で西武線に乗り換え。「ラケル」が目についたので、寄ってみた。
急行に乗ったのはよかったが、各駅停車への乗り換え駅を間違えて、下車駅の
一つ先まで連れて行かれた。寝てたのかな。それも思い出せず(苦笑)。
顔をあげたら、もう遅かった(苦笑)。

夜はオリンピック。ほんのちょっとサッカー。
得点が入るたびに、近所家から叫び声(笑)。窓が閉まっているのに。
1時間も見てられなくて、ダウンしたけど。

なんにつけても、正真正銘、へろへろ。まじでくたびれた1日だった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« July 2012 | Main | September 2012 »