« February 2011 | Main | April 2011 »

地震のこと(覚え書き)

覚え書きの意味もあり、書いておこうと思う。

そのとき(3月11日)は職場の通称パソ部屋でデータ入力をしていた。
東京はもともと地震の多いところだと思っていたので、多少の揺れでも
驚かないというか、「あ、揺れてる」ってくらいの感覚。
今回も、同僚と話をしていたら、え?って感じで。
念のため、その小さい部屋から飛び出したら、大きく揺れたので、無我夢中で
建物の外に飛び出したのでした。
ちょっとした広場にみんなで集まっていたら、2度目の大きな揺れが。
これまた突き上げるような、大きな揺れで。
目の前の渡り廊下の柱が大きい音で揺れて、今にも落ちてきそうで、あれが本当に怖かった。
午後4時頃までオーバーも着ず、外にいざるをえなくて。さすがに寒くなって、
コートと膝掛けをとりに部屋に戻ったら、テレビをつけた人がいた。
ちょうど津波がやってくるところで、大きな船を飲み込んでいく瞬間だった。

5時すぎに、帰宅可能な人は…ってことになったものの、駅は閉鎖されパニックに
なっているというし、JRは不通だというし。
赤羽方面に乗せていってくれる方がいて、乗ったものの、たかが3キロに2時間弱。
車が動かない。歩く人がたくさんいることはわかり…川口駅で下ろしてもらったのが
午後8時すぎ。そこから、荒川を渡り、北本通りを南北線に沿って、歩く。
途中、公衆電話にすごい列、コンビニには何もない。
赤羽岩淵、志茂、と歩いているうちに、都電荒川線が通っているらしい情報が。
王子へ出れば、早稲田まで行ける…と、歩くなら目指せ池袋って感じだった。

2時間ほど歩いたか、王子神谷で地下鉄に向かう人たちを見て、一か八か、
改札に行ってみたところ、なんと、動いていた!南北線。
一緒にいた同僚とホームのベンチで無言でミネラルウォーターとパンを食べる。
(パンも川口のコンビニで棚にあった最後の2つだった。)
そして、一路、飯田橋へ。そこで、同僚と別れ、歩こうと思ったら、大江戸線が
動き始めた由。一応行ってみることに。
ホームはすごいひとだったけど、3本乗り過ごして、乗る。
しかし、満員電車と運転間隔の調整のための停車のくりかえし、
気がついたら調子が悪い…上を向いても下を向こうと思っても、気持ちが悪い…。
もうだめ、東新宿で無理矢理下車して、少ししゃがんで休んだら、調子は戻り…。
そこからは明治通りを歩くことに。歩く方が楽だった。

家から歩いて5分ほどの小学校の体育館に煌々と電気がついていた。
心の中で、いざとなったら、ここに逃げるしかないって思った。

結局、家に着いたのは午前12時頃。
携帯のメールがたくさんやってきたのもその頃。
弟とお互いに無事だと連絡がついたのも、その頃。

なんだかぼーっとしていたら、午前2時になっていた。

余震もあり、怖くて、いつでも逃げられるように、荷物を作って、
テレビのある2階の居間でごろ寝した。うつらうつらしているうちに眠ったらしい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

ER15

ここ数日、NHK BS2で、ER15(最終シーズン)の集中放送をしている。
いや、まいった、いろいろなキャラクターが所狭しと出てくる。
既に病を得ているが、グリーン先生が出てきた時には…。
新登場キャラといえば、キャサリン・バンフィールド。なんとも、なんともねぇ。
3月10日の最終回が寂しいけど…本当に楽しみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ソーシャル・ネットワーク

仕事が早く終わったので、話題の「ソーシャル・ネットワーク」を見た。

これをおもしろい、と見るか、刺激的と見るか。両方の要素があると思う。
なぜか、私は、前に見た「カンバセーション」という映画を思い出した。

アーソン・ソーキン(脚本)の視点は常に今動いている社会、
アメリカという社会、世界という社会、の人間。この視点は実におもしろい。

映画の中のマーク・ザッカーバーグは、天才だ、確かに。
でも、どこか社会性に欠けた人にもみえる。それは彼が凡人ではないって、ことか。
エドゥアルド・サベリンは出てくる人の中で一番人間的に見えた。実際はどうだか
わからないけど。
ふたりに共通していることは若者にありがちな、夢見る少年、というか、
ある意味、純粋で、素直?でも、その純粋さが危険だ。あ、それが若さか。
利害を求め、優先する社会とずれている。
ずれているから世界を席巻するようなことをしたのか?それは結果にすぎないのか?
いや、彼ら自身の利害を求めたから、必然的に訴訟になったのか?

なんにつけても、コンピュータによって社会はどんどん変化せざるを得ない。無意識に。
「つながる」ことは人間が一番欲しているもの。結局、「つながりたい」という気持ちが
一番、人を人らしく生かすものなのだろう。ラストシーンを見て、そう思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« February 2011 | Main | April 2011 »