« October 2010 | Main | December 2010 »

バーゲン

今日の収穫(笑)。

101127_22230001

101127_22310001

招待セールに行ってきました。全て半額sign03
DAKSのバッグは底と持ち手が牛革、10000円弱、ANASUIの財布は7850円でした。
周りの人はえらいこと買ってたけど、そんなにバッグ買って、どうするの?って感じでした。
私は小さめのバッグが欲しかったんだけど、DAKSの皮のやgentenのはそれなりの値段。
あとはとにかくでかい。皮のでかいバッグは重いからなぁ。

お財布を変えるの、何年ぶりだろう。お正月にしようかな。

それから、HUMAN WOMANのヘリンボーンネップツイードのパンツを購入。
去年の冬より、ワンサイズ下がったので、着回しがワンパターン化してきて、
新規まき直し(苦笑)。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

赤がおいしい

赤がおいしい季節になった。
冷蔵庫にはまだまだ白があるんだけどね…。

このあいだ買ったボジョレーが思った以上においしかったので、
もしかして在庫があったら買おうと思って勇んで行ったけど、もちろん、なかったsweat02
で、おなじようなのを…「そんなに重くないけど、コクのある赤」。
そしたら、シーレニのピノ・ノワール(黒ラベル)を勧められる。
1杯目はリピート。TUMANS MACABEO(白)。こちらはすいすい飲める。

101125_20110001

2杯目はピノ。これまたおいしい。

101125_20090001

メニューは、ベーコンと野菜のトマトスープと、サワラのソテー、
ベビーリーフとゆでインゲンのサラダ、ブラックオリーブの入ったフーガスと、
くるみとレーズンのパンなどなど。

101125_20070001

なんか、もちょっと、岐阜にいたときみたく、おいしい料理したいなぁ。
最近、めっきり勘が狂った(酒量は増えたような気がする…coldsweats01)。

| | Comments (1) | TrackBack (0)
|

鎌倉へ

北鎌倉駅で友達と友達の息子たちと待ち合わせ。

さ、歩くぞ、鎌倉。

紅葉の季節の日曜日、建長寺前は、すごい人だった。
が、ちょっと道を戻り、亀ヶ谷の切り通しに入っていくと、人もまばら。
源頼朝の娘である大姫の守り本尊と伝えられる地蔵が安置されている岩船地蔵堂
の前を通り、源氏山公園へ向かう。

101121_14270001

101121_14250001

101121_14240001

そして、もう一踏ん張り。大仏方面に向かうハイキングコースに。
これまた山の中。足下には木の根がびっしり。距離はそんなに長くないけど、
以外とハードだった。それがまた楽しかったんだけど、私は(苦笑)。

101121_14580001

子供たちはよくがんばって歩いてた。山道を走ったりするのはさすが若者、って感じ
だったけど。お母さんにもちゃんと心遣いできてたしね。さすが、さすが。

そして、何年ぶりだろ。先週、オバマ大統領行った、高徳院の大仏へ。
みんなで胎内にも入りました。

101121_16000001

101121_16170001

ここはやっぱり、ワイワイ来るのが楽しいね。

帰りは江ノ電に乗って。
江ノ島の向こうに見えた赤い夕闇と江ノ島の灯台の光…とてもよかった。

楽しい1日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

芸大美術館で

今日も仕事。空がこんなに青いのに…。

仕事帰りにどこかに行こうと、大宮まで行ってみたが、2時すぎだったし、
引き返して上野に。

101120_15110001

101120_15120002

101120_15130001

美術館に行ったのも久しぶり。東京芸術大学美術館に。
本当に行ってよかった。
デューラーの黙示録はもちろん、萩原守衛(碌山)のブロンズにここで会えるなんて。
「デスペア」を東京で見られるなんて。何度も、どの角度からも見た。
女の柔らかな肢体、骨張った背骨。うねる髪の毛。なんとも…なんとも…。
小さなトルソーもよかった。

そのあと、例によって、谷中銀座から西日暮里、そして田端へ。
暗闇迫る谷中霊園のなかを足早に通り過ぎながら、枯れ木の桜に時の流れを感じた。

今度はいつ来よう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ボジョレーヌーボー

解禁日だそうです。

仕事帰りにパンを買おうと池袋西武に行ったら、すごい人だかり。
なんだ、なんだ…と寄っていったら、ボジョレーヌーボー。
寝不足で疲れていたのに、ついついあれこれ試飲して、けっこう良い気分。

結局、古い葡萄の木のボジョレーを買いました。
まだ赤しか飲んでないけど、おいしかったcatface。コクがありました。

冷蔵庫の白もまだ何本かあるんだけど、これからの季節はやっぱり赤です。

101118_20330001

ワインを飲みながら、焼き椎茸にポン酢をちょろっと、それにハーブ入りソーセージを
アップルビネガーのマスタードで、それに、ボイルしたレンコンをつけあわせて。
あ、フランスパンにはチーズがはさまっています。

焼き椎茸は至福の味。あまくて、おいしかった~happy02

101118_20390001

101118_20400001

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

縞模様のパジャマの少年

「縞模様のパジャマの少年」

なんの気無しに見始めた映画だった。
だけど、見ているうちに、だんだん後悔し始めた。
そう思う自分がなさけなく思うのだけど、正直なところ、怖かった。

少年は尊敬する自分の父が実は収容所の長官だとは知らないのだ。
そして、自分が一番大切に思う彼の友人はその収容所に収容されたユダヤ人だった。
もちろん、少年は彼がユダヤ人であることも、どうして、縞模様の服を着ているのかも
知らない。

結末に言葉を失いながら、そこに至るストーリーに心を打たれずにはいられなかった。

その後読んだ、原作もまた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

一の酉

図書館に行ったついでに伊勢丹に行こうと明治通りを自転車で走る。
あれ、いつもより、人が多い???

新宿通りの交差点に来て、疑問がやっと解決。
花園神社で酉の市が開かれていたのだ。
境内は露店もたくさんでていて、すごい人だった。

101107_20120001

101107_20320001

101107_20310001_2

熊手を買った人が三本締めをしてもらうところに何度も居合わせて、人ごとながら、
ちょっと良い気分。

それにつけても…もう、こんな季節なんだなぁ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

クライマーズ・ハイ

今日は「クライマーズ・ハイ」に目が釘付けになってしまった。
日本映画専門チャンネルはいつもはあまり見ないチャンネルなんだけど(苦笑)、
これは目を奪われた。
言葉にするのが難しいくらい、見終わったあと胸がいっぱいになった。
まさに、秀逸な映画だと思う。

あの日航機墜落事故を材に、それを伝える新聞社のさまざまな人間模様はもちろんのこと、
主人公悠木和雅の生き様、そして、社会部部長の轟、なんともなんとも。
自分の仕事に対する誇り、揺るぎない自信、その向こうに見える、失ったもの。

「伝えること」とは、「伝えられること」とは何なのか…
谷川岳岸壁の画像とともに、心に迫ってきた。こうして書いている今も胸が熱くなる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

やっと

やっと一週間が終わった。なんかあっというまに時が経っていくなぁ。

昨日は持ち帰り仕事をまた持ち帰る?羽目に合うかと思いながら、
そうすると後で絶対に自分の首を絞めることになるので、いっちょやるか!って感じで、
結局午前1時過ぎ近くまでがんばっちゃいました。
始めたのは9時過ぎだったから、途中、メンデルスゾーンの交響曲を聴いたり、
『OL進化論』に逃げたりしたものの…なんとか3時間は集中してやった感じ。
おかげで昼間感じていた違和感がすっかりなくなって、安心感に変わりました。

最近、主な仕事は添削と人から話を引き出すこと。
本来の仕事の方は資料の解析が必要なんだけど、その解析は過去の実績に
依存している感はいなめない。現在の私と、過去の私とでは違う感覚もあるはずなのに、
その違う感覚で無謀な実行をし、現場でしっぺ返しをくらって落ち込む、
今日この頃なのだった。

読みかけの『アドリアネの弾丸』ももっぱら電車のなかで。あと1週間で読み終わらないと。
今日、帰りの電車の中で読んでいるところが佳境とみた!

明日は休みだ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ケンタロウ氏の

ケンタロウ氏の野菜料理の本にあった大根の簡単ピクルスは絶品!

5センチほどの大根の皮をむいて、食べやすい大きさに切る。
(つけ汁につけられるような薄さと大きさで。でも、私は適当に。)
そして、酢大さじ2、オリーブオイル大さじ1、砂糖小さじ1、粒胡椒少々
(私はなかったのでブラックペッパーを適当に)、塩2つまみ。
それをざっくりまぜて、そこに大根をいれて、もう一度まぜて、本には15分と
書いてあったけど、私は骨付き鶏肉でスープをとりながら作ったので、
重石をして30分くらい冷蔵庫に放り込んでおいた。

いやぁ、これがなんとも。味はもちろん、大根の歯ごたえが絶妙。

それにオリーブ入りチーズと五一ワイン竜眼を1杯。美味なるかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« October 2010 | Main | December 2010 »