« September 2009 | Main | November 2009 »

群魚図

昨日の充実した会議の余波で、朝からお疲れ気味coldsweats02であった。
もしや風邪を引いたのでは…sweat01と思い、念のため、マスクを着用して仕事をした。

だから、仕事が終わったら、まっすぐ家に帰えりゃあいいのに、うとうとしていて
電車を降り損なったのをよいことにして、上野に行った。
東京国立博物館で開催中の「皇室の名宝 日本の美の華」(第1期)を見に行った。
結構、人は多かったが、良いタイミングで待たずに入れた。
第1期の目玉は三の丸尚蔵館で持っている伊藤若冲のリアルな動植物の掛け軸と
狩野永徳の屏風。若冲のは以前、三の丸尚蔵館で見たのでこれで二度目。
やっぱり群魚図がおもしろい。平常展示はこれといって惹かれるものは特になかったけど、
あえていうなら、一休宗純の掛け軸かな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

突発会議(笑)

今日は外仕事。

仕事の最中に、いかにも仕事の会話って顔つきで同僚に話しかけられた。
「今日、夜、打ち合わせをしようと思うんですが、ご都合いかがですか?」
「へっ?!coldsweats01」かなり仕事モードな顔だった私は虚をつかれた。
そして、爆笑(でも、周りの空気を読むとそんなことはできないsweat01)をこらえ、
変に平静を装い、「了解しましたbleah」と返事。

で、夜の打ち合わせは、もちろん生ビールbeerで始まった。
主任の予想通りのダメ出しありの、もしかすると春先に大きな仕事があるかもよ、
みたいな未来予測ありの、充実した”おもしろい"会議だったhappy02
最後にがっつりラーメンnoodleを食べて散会した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

段取りよく

今日は段取りよく物事が運んでいったscissors。こういうことは準備如何。
次のことのために席をたつとき、主に必要なものを机上に並べてから行動した。
当たり。大当たり。shine

明日は外仕事の日。
こういうご時世だからか、マスク持参、着用とのことsweat01

鞄の中には本が2冊。一昨日買った「琵琶法師」を読み進めている。
刺激的なテーマで、とってもおもしろい。
もう1冊は吉田篤弘の「つむじ風食堂の夜」。今度、映画化されるらしい。
このあいだ松本の高見書店で買った物。月舟町シリーズ第一弾。
こちらは心温まるファンタジー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ニュース写真

早めに帰れたので、ほんのちょっとのつもりで今の今まで一眠りしてしまった。
まだ、寝たりないのか、頭が少しぼーっとしているwobbly

なんだか急に冷えてきた。部屋の中はまだ暖房という暖房がない。
もうそろそろホッとカーペットを出した方がいいかな。

昨日、日航機墜落事故をネットで検索したら、事故写真が含まれるページに
ヒットした。その写真の凄惨な様子にはびっくりした。
こんなの、報道写真とはいえ、いいのか?こういうところに出して?
いいのか?こういうところにこんな写真があって?検索してヒットしちゃう現実。
なんだかやりきれない気持ちだ。報道の自由、表現の自由なのか?

明け方へんな夢をみて、目が覚めたのはそのせいか???

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

田口さんのいる本屋

仕事の帰りに、どうしても欲しい本があって、ジュンク堂に寄った。
案の定、新宿の店ではなかった本が池袋の本店にはちゃんとあった。
よかった~happy02

今日は新潮文庫の新刊の発売日なのか、平積み棚もついついそこに目がいく。
江國香織の「ウエハースの椅子」があった。そのうち読もう。
どうしても欲しい本の他に、もう一冊。兵藤裕己「琵琶法師―〈異界〉を語る人びと」
耳なし芳一よろしく、なんと、実在した琵琶法師の語りのCD付き。
こちらはまさしく衝動買いcatface

フロアをうろうろしていたら、田口久美子さんがいらした!
あの「書店風雲録」の田口さんだ。ジュンク堂の田口さんだ。もちろん、お仕事中。
そうそう、今月筑摩書房から出ている「ドキュメント高校中退─いま、貧困がうまれる場所」は
そのうち読んでみたいと思っている。

あと、本屋で平積みになっていて気になるのはやはり山崎豊子の「沈まぬ太陽」
忘れもしない、あの日航機が御巣鷹山に墜ちた日、私は長野県野尻湖から東京に
向かっていた。まだ関越高速が群馬県藤岡までしか通っていない時だ。
まだ高速バスが運行し始めで、母がバスの中で食べるようにとお弁当代わりに、
パンケーキをたくさん焼いて持たせてくれたのを覚えている。
東京に着いたのは山手線の終電のころで、終電に乗ったのもそのときがはじめてだった。
東京の家に帰ったら、夜中なのにテレビはそのニュースばかりで大騒ぎだった。
「群馬県藤岡の郊外に墜ちた」というニュースは、なんだか空恐ろしかったのだ。
そういえば、日航機の墜落死体を検死した監察医のドキュメント本もあった。

読みたい本がたくさんある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

寒いけど

雨が降り続いている。寒い。
持っていたビニールコーティングのかばんも、今日の雨に対しては無力。
今日の雨は、たいして強くないけど斜めに降ってくるので、シミができていた。
もちろん、なかに入っていたノートのへりはきれいにふやけいた。
でも、大事な辞書は無事だった…よかった…happy01

今日みたいな日をすごすには、部屋着もさすがにフリース素材。
それに、このあいだ買った無印の綿の厚手の靴下を履く。ふかふかで、とても、暖かい。
今日みたいな日に「暖かい」ことは小さな幸せだ。

夕方、文章の美しさに惹かれて図書館で借りてきた志村ふくみの「ちようはたり」
読み終えた。読んでいる時間は芳醇で、至福の時間だった。
しかし、しんどい読書だった。
文章のそこかしこから、読み手である自分の居住まいを正されたような気がする。

「ああ、読み終わったぁ。読んでよかった。」としみじみ思う本だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

冷え冷え

この寒さの到来にはびっくり。体がついていっているのか、ちょっと心配。
まだ冬物らしい冬物をだしていないし、夏の終わりから着ている物も
引退させていない。そろそろ、かな?(笑)。

今日は寝まくっている。ふとんの中が暖かいのもあるけど、体が欲しているので。
買い物もおとといした分で、なんとかなりそうなので、ひきこもっておわりそう。

091023_19180001
091023_19190001
091023_19190002夕ご飯は、作り置きしておいた野菜カレー。
たまねぎはもちろん、なすや
ピーマンのほかにれんこんを入れてみた。
きのこはえのきしかなかったので、それを。
しいたけとかしめじの方が
よかったかも。

隠し味にと思ったトマトジュースが意外と主張している。色とか酸味とか…。
ヨーグルトとかはちみつとかりんごのすりおろしとか…甘い系入れなかったから。
今日は少し味が落ち着いているといいなぁ。

1回目のサイドディッシュは春菊とトマトともやしのサラダ、りんご(秋映)。
秋映は、さっぱりした食感に甘さと調和していておいしい。この時期の楽しみのひとつ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

焼き鳥

中目黒の焼き鳥屋「鳥よし」でやきとりを食べた。
頼むと目の前で焼いてくれる。
値段が書いていないところがちょっと恐怖だったけど、
ま、給料日直後ということで、いいかcoldsweats01
みんなおいしかったけど、特に、つくねは柔らかくておいしかったなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

後悔なんとやら

日曜日の夜になると同じことを考える。

土曜日の夜ごはんのとき、大抵、明日は休みだから、と調子にのって
お酒(ビールならまだしもワインなんか)飲んじゃうと、絶対に10時前に睡魔に
襲われる。こどもじゃないんだからさ…と自分でも思うんだけど、ソファーに
身をおくともうだめcoldsweats01。テレビ見てても、せっかくためておいた時代劇や
ホームズやポワロの録画も、気がつくと終わっている。
このあいだの「ナイチンゲール」もそうだった。目が覚めたら、最後の最後だった。

そして、今朝、仕事の日じゃないのに、妙に早く目が覚めて、二度寝して、
目が覚めたのが9時前くらい。

ごはんを食べながら、日曜討論とサンデープロジェクトとか見ているうちに、
昼になり…図書館に行こう、買い物に行こうと思うだけで、なかなか重い腰があがらない。
そうしているうちに夕方になるのだ。

今日は図書館に行ったあと、髪の毛を切りに明大前まで行った。
ここのところ、ずっと海堂尊の本ばかり読んでいる。まだ全部読めていない。
「ジーンワルツ」はおもしろかった。はやく「ジェネラルルージュ」と「イノセントゲリラ」
が読みたいが…いつも書棚にない。
今日は「夢見る黄金地球儀」を見つけたので、借りた。あと、志村ふくみのエッセイ。

そのあと、通勤用のパンプスを買うため、京王デパートに行った。
新宿のデパートはすっかり機能分化されてしまった。伊勢丹とか高島屋とか
三越とか丸井とか東口方面のデパートはセレクトショップ風。
西口の小田急とか京王のほうが昔ながらの買いやすさがある。
私の思いこみだろうか…coldsweats01

いつも日曜日が終わるころ、こうすればよかったなぁ、とか思う。
後悔なんとやらである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

外仕事

今日は5時半起き。6時半には家を出て、目的地には7時半すぎに到着。
1日中、外仕事だった。
特にこれっていうことはなかった。取り越し苦労がたぶんに多かったcoldsweats01
明日も外仕事(の予定)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

自転車でお散歩

連休中、ごろごろしている時間が多かった。
ただ困ったのはマイナス思考になりがちだったこと。

台風一過、気持ちのいいくらい青空だったのと、でかけることで気分転換をしようと
自転車でお散歩することにした。
最近は新宿御苑そばの図書館までが一番遠出なのだが、図書館に寄った後、
ぎんなんの匂いは好きではないのだけど、外苑へ行ってみることにした。
091012_16130003
091012_16180001やはり、目がいくのは空の青さと雲。
こんなにどこから人が集まってくるんだろう?って
思いながら、サイクリング専用の道路を
気持ちよく駆け抜ける。
そして、気がついたら、青山通りに出ていた。人通りが多いし、どことなくこじゃれている。
そういえば、表参道とか青山って用がないから行かない街だ(苦笑)。
ちょっと好奇心が動いて、どうしようか、と思いながら、ブーツははいていたものの、
ユニクロのスウェットにつかれたレギンスにノーメイクという自分のいでたちに
このまま表参道方面に行ってもなぁ、と北青山のお店を横目に次の行動に迷う。
そしたら、ワタリウム美術館発見!
091012_16590001
通り過ぎるのもなんだったので、ミュージアムショップ…on Sundaysの中に入ってみた。ポストカードがびっくりするほど多かった。
そのあと、無印良品を見つけたので、ちょっと見てみる。

当初、自分が思ったより、距離的にそんな遠くなかった。
ノーギアの自転車でも、平坦な道が多かったので、どんどん
走っていけた。夕方の寒さはちょっと凍みたけど。


なんか、TOKYOって感じがした。
どこもかしこも、雑誌の特集にでてくるような感じ。なんか自分だけがエトランジェ(苦笑)。
こんどはカフェ本なんぞを読んでおいて、お昼ご飯食べるのもいいかも。
あ、そのときはもう少し、みてくれを考えよう(苦笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

電車

台風が来ようが出勤する、前日まではそう思っていた。

だから、鞄の中身がぬれないように、準備万端、出かけた。
案の定、Y線は動いている。強い、さすが強いぞ、と半分あきれながら乗り込む。
しかし、いつも乗っているはずの高校生や私立小学校の子供がいない(そりゃそうだ)。

ここからドラマなのだcoldsweats01
S線が間引き運転の上、5分停車し、定刻を大幅に遅れて発車した。
その上、乗換駅のいつもの階段を下りようとしたら、駅員がホームへの
人の流れを完全に規制していて、乗り換え階段の下はとてつもない人の数。
そのあと乗ったK線がこれまたすごかった。うんともすんとも全く動かない。
最初は立っていたが、そのうち別の選択肢を選んだ人がいたおかげで座席に座る。
おかげで、1時間以上、待っていられたのだ。
しかし…1時間以上待ったのに、非情なアナウンスがながれる。
「これから2時間は再会の見込みがありません」…どうしよう。

どうしようもない、行けないものはしかたがない。職場に電話をかけ、あきらめて
帰宅することにした。だが、そのとき、首都圏のJRは完全に止まっていた。
振り替え輸送の駅まで15分ほど歩くしかないか、とあきらめて歩き出したら、
運良く最寄りの私鉄の駅を通るバスを発見sign03。乗っているうちに、
そういえば、昔アルバイトの帰りにこの路線、使ったっけ、と記憶が掘り起こされて
きた。そこからはもう一度乗り換えないといけないが、歩くより、ずっとまし。

ということで、朝、家を出てから約5時間後に家に再びたどり着いた。

助かったのは、眠かったことと、読みかけの厚みのある本を持っていたこと。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

読み終わった!次は…

「チームバチスタの栄光」の再読、そして「ナイチンゲールの沈黙」。
それぞれ、読み終わった。おもしろかった。
こういうシリーズ物は勢いで読んで、おもしろさが持続するのがいいのかも。
おかげで、「螺鈿迷宮」がより理解できてきた。なるほどね。

さて、このあと…と思い、図書館に行ったが、どれもこれも貸し出し中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

いつもは行けないところ

最近、半日仕事のあと、上野に行くことが多い。
たいてい美術館の特別展が目当てなのだが、今回はちょうど谷間
ということもあって、これっていうのがない。
ちょうどそのとき、ひらめいた。
大抵、閉まっている、いつもは行けないところが今日は開いているに違いない。

091003_15070001091003_15070002それが、黒田記念館
巨匠黒田清輝のコレクションが無料で見られる
見た目もすばらしい施設である。
印象派に学び、日本の洋画の基礎を築いたひとりであり、外光派風といわれる彼の絵には光が見え、
革命的と言われる。

私が今まで、好きなのは「昔語り」の下絵の一枚。
舞子が男の後ろ姿に寄り添う姿を描いた絵である。
これも、ここのコレクションのひとつ。
今回それもよかったのだが、目を奪われたのは「雲」(6枚)であった。
空の変化のなかに浮かぶ雲を描くそれは、都会暮らしの私には大げさかもしれないが、
永遠のあこがれのようなものであった。
そんなに数があるわけではないのだが、珠玉の作品群に胸がいっぱいになった。

そのあとは、谷中へ出たところまでは、いつもの通り。
初めて、「愛玉子」を食す。091003_15570001

そして、そのあとは、谷中銀座から、なんだか歩きたくなってつらつら歩いていて道灌山下に出た。
本郷のほうへ歩いていこうと思って、気がついたら、都立駒込病院のところに出た。
その坂を上ったのはかれこれ15年ぶりである。今だからこそ、なつかしくなるのかも。
しかし、坂の途中にある肉屋を見たら、忘れていたことが心の中によみがえってきて、
なんともいえない気分になった。そして、そのまま駒込駅まで歩く。
かなりの距離を歩いた感じが足の裏から感じられた。
しかし、それもまたよし、と思ったのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« September 2009 | Main | November 2009 »