« June 2009 | Main | August 2009 »

夏の一品

今日は、東京らしいむしむしとした暑さだった。

冷蔵庫のなかを見たら、枝豆が少しとズッキーニがあったので、
冷えたビールにあう一品をこしらえることにした。
090730_19050001ズッキーニを使った料理はひと手間かかったので、それが
できあがる間に空芯菜としいたけを塩こしょうでさっと炒めたのと、
玉子豆腐、ゆで枝豆。それに最近マイブームな泉州なすの浅漬け。

そして、そのあと、メインディッシュは、ズッキーニとかじきまぐろのにんにくオイル焼き。
ズッキーニとプチトマトと半分に切ったにんにくを敷き詰め、その上に塩と黒こしょうした
かじきの切り身をのせて、その上からたっぷりのオリーブオイルとしょうゆをまわしかけ
る。そして、予熱しておいたオーブンに皿ごとほうりこむ。あとはなーんにも。
オーブンが焼いてくれるhappy01
できあがりはこんな感じ(まん中の)。できたては熱くてジュワジュワ音をたてていたsign01
お皿に盛るとこんな感じ(左の)。
美味なり。たまらなく、おいしいよ~。酒がすすむ、箸がすすむsign03
090730_19210002

090730_19210001

そして、締めはたらこと高菜とじゃこをあわせたの、 であったかごはん。
090730_19560001

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

運命の神様

運命ってあるんだなぁ。誰かが、「メイクドラマ」なんて言ってたけど。

自分の価値観を変えるようなドラマが眼の前で展開されると
ことばなんて無意味だ。

運命の神様、あなたは女神か?きまぐれすぎやしないか?
もう何をいってもしかたがないけど。

私はこの日のことを多分一生、忘れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ヒリヒリ

昨日は本当に楽しかったhappy02。夜中になっても気分が高揚していた。
一夜明けた今日も、なんか心臓が高鳴っているsign01
このエネルギーを利用しない手はないねdash

それと反比例するように、両腕がヒリヒリする。
黒くなった、というよりも、赤いのが残っている感じ。
あと、足の甲の部分が、一部だけ、色が違う。

とすると、もしかすると、首の後ろも…coldsweats01
ヒリヒリ感はないのだけれども。

みんな「しみ」になるのかなぁ。どはははsweat01

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

すべてが明日への活力

日帰りで、岐阜に野球を見に行ってきた。

朝5時すぎに起床。6時半には駅のホームにいた、という用意周到さ(笑)。
品川で新幹線に乗ったのがちょうど7時くらい。
天候によっては、今日は何もしないで名古屋観光か、と思っていたら、
静岡県内に入って青空が見えてきたので、ちょっと期待catface
三河安城を超えたアナウンスの頃、雨は全然降っていなかったので、
そのまま名古屋で東海道線に乗り換えた。
岐阜駅に着いたのが9時前。で、球場までバスに乗る。
いつものバスじゃなく、市内循環線だったので、途中で大丈夫か、不安になったcoldsweats01
しかし、メモリアルについたら、大きな声援の声が地響きみたいに響いていたので、
安心と不安が入り混じり、体が自然と前傾姿勢。思わず小走りに走るhappy02

なつかしい顔、顔、顔…、声、ノリ、みんな元気でなによりだった。
もちろん、試合も勝ったしupsign03

そのあと、友達に会うため、中津川へ向かい、夕御飯を食べて、塩尻へ。
塩尻で普通電車に乗り換え、松本へ出る。そして、最後はお決まりの高速バス。
渋滞にはまったものの、新宿に無事到着。
高速バスに乗る直前に、ネクタリンも買えたし。上々、上々。

日帰り強行軍だったが、すべてが明日への活力。間違いない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

休みの前のワクワク

続いていた仕事が一区切り。
明日から、三連休だと思うと、それだけで、にやけてしまうcoldsweats01
我ながら、なんとも、正直な心であることよ。

帰りに、久しぶりにシェーキーズに寄って、
ピザと厚切りじゃがいものフライドポテトをテイクアウトdelicious
もちろん、あとはビールでしょbeer

あとのことはあとのこと。
今日は、鬼平スペシャルもあるし、まぶたが閉じないようにしないとね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

暑い日のあたふた

今日は朝からとても暑かったsun
コンクリに照りつける太陽がまぶしい。

朝からやることが満載すぎて、どこからどう手をつけようか、って思うほど。
こういうときにかぎって、臨時のプラスアルファの仕事が増える。
そのおかげもあって、あっちこっちと動き回る割には、本来すべき仕事が
どれなんだか、よくわからなくなってしまう。

ただ、朝一番のしないといけない仕事は自分の準備不足の割には
段取り的にはスムーズにいき、ちょっと嬉しかった。
気を取り直して、ちょこっとまとまった仕事をしたあと、
遅いお昼ご飯を食べたら、眠くなったのと要領の悪さで
自分の首を絞めそうになったので、思い切って帰ることにした。

新宿に寄って、だいぶまえにたのんでおいたスラックスを受け取り、
ジュンク堂の棚をななめ読みして、ちょっと刺激をうけ、歯医者に向かう。

あしたは、胃検診…coldsweats01

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

四万六千日

090709_18310001

友達に誘われて、浅草の浅草寺の「ほうずき市」に行く。
あざやかな色のほうずき。つりしのぶとたくさんのガラスの風鈴。
風になびく風鈴の音はとても心地がよい。

亀十でどら焼きと松風を買ったあと、伝法院通りからROX方面へ。
夕ご飯は、ヨシカミでハンバーグを食べた。
こってりした色のソースがたまらない。
付け合わせのポテトサラダもごろごろとしたじゃがいもが美味なり。
カウンターの席で、若いコックが鮮やかにオムライスを作るのを見るのも楽しかった。

東京にいるんだなぁ、と改めて、実感したひとときだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

市ヶ谷から神保町へ

王子で南北線に乗り換え、市ヶ谷に向かう。
市ヶ谷での用事があっさり終わったので、そのあと、いつものように、
坂をのぼって、靖国神社を横目に九段方面に向かう。

いつも、靖国神社から北の丸公園(そこで曲がれば千鳥ヶ淵)と歩いていくと、
大山巌元帥の騎馬像、選挙妨害で…と教科書で習った品川弥二郎像、
九段会館が見えてきて、坂の下までおりて振り向くと、再度見えてくるのは
靖国神社の鳥居。
いつも、ここを歩くと、帝都東京の名残を見るようで。

そのまま神保町へ。久しぶりに岩波ブックセンターをひやかす。

そして、すずらん通りへ。
浅野屋は学生の頃、月例研究会のあとの飲み会といえば、ここっていう
お店で、年上の先生たちと話すために日本酒の味を覚えたのも
そういえば、ここだった…、と感慨にふけようとしたら、
私が知っているちょっと小汚い入り口はとってもきれいになっていて、
これまた時の流れを感じるのであった。

東京堂書店のサイン本のコーナーで、谷根千のメモリアル本を発見!
その名も「ベスト・オブ・谷根千 町のアーカイヴス」。
谷根千、終わっちゃうんだよなぁ。
買うしかないでしょ。
それに、各社の夏の文庫本フェアも始まっているし、東京堂へ行くと
共立女子中学高等学校の夏の読書課題本コーナーとかあっておもしろい。

もうすぐ角田光代の「薄闇シルエット」も読み終わりそうなので、
有川浩の「レインツリーの国」を買ってきた。このあいだ「阪急電車」
を読んだところだったので、これまた楽しみ。
堀江敏幸の「もののはずみ」も買ってあるのだけれど、
これは少しずつ、大事に読みたい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

上野から谷中へ

上野の東京都美術館でやっている「日本の美術館名品展」に行った。
時がたつのを忘れさせるような「いいもの」ばかりを見ることができた。
そのうち、万鐵五郎の絵を秋田に見に行きたいなぁ。
あと、愛知の豊田市美術館にあるエゴンシーレの絵も。シャガールの自画像も
印象に残った。北海道にある三岸好太郎の美術館にも行ってみたい。
以前行った、仙台の佐藤忠良の少女のブロンズも魅惑的だった。
岡山の国吉康雄の絵は学生の頃に見て以来。なんだか懐かしかった。

090704_17130001
090704_17160001

国立博物館の移築された武家の門のうしろに
表慶館の緑がかった屋根の一部が見えて、
なんともいえない気分になる。
そして、目の前の横断歩道の前には京成の
旧動物園博物館駅。


そして、そのあと、芸大裏から谷中霊園を越えて、谷中銀座へ行くことにした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« June 2009 | Main | August 2009 »