« April 2009 | Main | June 2009 »

銀座で買い物

友達がデパートの社販の案内を送ってくれたので、でかけてみた。

おかげで、前から欲しかったスーツのインナーを買う。
白と黒と迷って、やっぱり、「黒」を買ってしまう。
「着やせして見えます」ということばに負けました(苦笑)。ある友達が
リピーターで、白でも透けてみえないし、女性らしく見える素材感って
言ってたので、オススメにのってみた次第。

そのあと、上の階のグッドデザインのところを歩き回った。白山陶器の
森さんデザインのもののなかには、この春、餞別にもらった小鳥の箸置きが
見受けられ、ちょっと嬉しかった。くださった方のセンスに妙に共感していたから。

そのあと、木村屋や山野楽器を物色。山野では欲しいCDがあったけど、
ちょいと我慢。シネスイッチの前を通ったけど、まだ映画を見るエネルギーが無い
ことを認識。まだまだ本調子じゃないなぁ。

そして、東京駅まで歩く。八重地下で、いつものお店に行く。
欲しい物はあったけど、こちらもちょいと我慢。我慢の連続…ま、そのうち、
みんな、ご褒美にしよっと。

気がついたら、いつも名古屋へ向かうときと反対のコースで進んでいた。
そうだ、これから、新幹線乗るんじゃないんだ…。

わかっちゃいるけど、だから、この出口をでなくていいんだっけ、
また地下道に行くんだっけ、と思ったら、妙に寂しくなった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

胃の調子

ここのところ、胃の調子があんまりよくない…despair、のに、暴飲してしまう
と大変なことになる。(そんなあたりまえのことをまた思ったアホは私。)

昨日は、職場の、のびのびになっていた宴会がだった。
とにかくおもしろくて、おもしろくて、楽しかった。
一期一会というけれど、この部署に入れたのはラッキーだった、と思う。
(一緒に配属になった人たちがみんなそう言ってた!)

で、次の日のことも考えず、調子にのって飲んだし、久しぶりに
カラオケも行った。ほんと、久しぶりcatface

そして、解散のあと、家の近くまで来て、ラーメンを食べた。
これが…夜中に目を醒まさせた要因。いやぁ、マイッたcrying

気をつけよう。そんなの最初からわかっているけど、今度こそ、気をつけよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

仕事帰りに寄る

仕事帰りにどこかに寄ることが増えた。
…といっても、以前のように、デパートなどはとても無理coldsweats01
人の多さにあたって、まけちゃう。

自宅最寄り駅の本屋かスーパーが多い。

今日は、やるべきことをして職場を出てきたので、日頃の自分のがんばりに(?)
森見登美彦の「恋文の技術」を買った。
新刊の単行本を借りずに、わざわざ買うなんて、超ひさしぶり。
読む気満々ざんすhappy02sign03

その前にスーパーで「カマスのひらき」が変えたので、それも嬉しかった。
あっさりしていて、おいしいんだよなぁ。大根おろしも、もちろん添えて。
フルーツトマトもおいしかった。

| | Comments (5) | TrackBack (0)
|

乗り過ごす

今日は疲れた。早く帰ろう、と定時ちょっとすぎに職場を出た。
電車に乗って、一駅過ぎたとき、駅名を見たのは確か。

しかし…

次に顔を上げたら、もう降りるべき駅ではなかった! 
また、やっちゃったcoldsweats01。これで、何度目だろう。
いつもなら、そのあと戻るところだけど、今日は気分転換!と思って、
ちょっと遠回りして帰ることにした。

というのも、降りた駅からちょっと歩くと、昔、働いていたところがあった場所
だったので。そして、そこは昔々、母親が働いていた場所でもあった。

というわけで、母親がよく買ってきてくれたお総菜のお店がまだあるか、
行ってみることに。そして、あるんだなぁ、これが。

090525_19170001
090525_19180001

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

休みだ~

ほんと、久しぶりの土日2連休happy02sign03
ジワジワと嬉しい気持ちがわいてくる(苦笑)。

今日したことといえば…
1)読みかけの本を一気に読み終わったこと。
2)寝たこと。
3)行こう行こうと思っていたスーパーに行って「まとめ買い」をしたこと。

読みかけの本は、森見登美彦の「夜は短し歩けよ乙女」。他にも何冊か
併読しているんだけど、一番軽かったのはこれ。いわゆる恋愛物。
舞台が京都なので、読みながら、京都の街中をふらふらしている気分で、
おもしろかった!多彩な登場人物の魅力はもちろん、いうことなし。
次は、「太陽の塔」を読む予定。

寝るより楽は世に有らず。最近、一番していることは寝ていることだと思う。
体が欲しているに違いない。おなかはすくけど、寝たいって気持ちに勝てないから
不思議だ。

寝てばっかりいるので、買い物に行くタイミングを逸しそうになった。
明日は雨だというし…。チャリに乗るなら今日だ!ということで、隣町の生協に行く。
生協の発色剤の入ってないハムやベーコンが欲しかったので。
あと缶ビールのまとめ買い。
ああ、缶ビールを飲みたいって思うなんて…もちろん、やけ酒じゃなくてね(苦笑)。
家飲みをすると、全部飲みきるのがめんどうくさくなるときもあるけど、
最初の一口は最高においしいsign01

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

歯は

出張先でガリガリ音をたてて、ぐらぐらしていた歯は、
ブリッジしていた両隣のかぶせ歯もろとも、ボコッととれました。

おかげで、ただいま、左の奥のほうは大きな空洞ができています。

こういう時に限って、定時に出ることがありえないくらい、仕事があったり、
泣きそうになるようなことが頻繁に起こっています。

歯医者に行かなくっちゃ。

髪の毛を切りにいったら、新たな円形○毛も見つかったし…。

体が悲鳴をあげています。

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

阿修羅とカルティエ

仕事が早帰りだったのと、早く東京の生活に慣れなくっちゃ、ということで、
仕事帰りに上野の国立博物館でやっている「阿修羅展」に行くことにした。
いわゆる話題の展覧会で、平日の午後行ったところで、何時間待つのかな?
というのが正直なところ。
前に来たときのように、アメ横の入り口にあるプロントで遅い昼ご飯の
スパゲッティを食べた後、上野の森美術館のほうから東博へ向かう。
なんだか、みんなそっちに向かってる、そんな感じ。
ただ、金曜日で夜間開館日だったので、多少待っても、なんとかなる、
と思った。表示は約40分待ち。これは想定内の範囲wink
ちょうど読みかけの松岡正剛氏の本を読みつつ、列に並ぶ。確かに約40分。

阿修羅の周りは人、人、人(笑)。
薬師寺展のときのように、上のスロープから眺め、そのあと、下に下りて、ぐるっと
まわって見る。阿修羅は、去年、法隆寺展を奈良博に見に行ったとき、
興福寺の宝物館で見たのだが、そのとき「久しぶり~」って感じで、旧山田寺の仏頭と
ともに、ちょっとした感慨にふけったせいか、今回は、「ふ~ん」って感じかな。
おもしろいと思ったのは、象の被り物をした、上半身のみの五部浄像。
少年のような顔つきが神々しく感じられた。
あと、琥珀や水晶などの玉類が印象に残った。やっぱり、石にはマジカルパワーが
宿る、と見た。鎌倉時代(慶派)の四天王像のパワフルさも目をひいた。

そのあと、本館に「住吉物語絵巻」(重文)を見に行く。

そして、表慶館でやっている「カルティエ」へ。
『「Story of …」カルティエ クリエイション~めぐり逢う美の記憶 』と題された
宝石の展覧会。不思議なのか、やはり、なのか、館内は女性ばかりだった。
インドのマハラジャや、モナコのグレース王妃愛用の品々は目をみはるばかり。
ダイヤモンドもルビーもエメラルドもこう並んでいると目が眩むばかり、
息をのむしかない。そういえば、最後の部屋の香水のクリエーションはよかった。
ついつい視覚ばかりが奪われる美の世界だけど、嗅覚というのは、人間の生の
感覚として鋭敏かつ繊細なものだから。なるほど、と思った。

もりだくさんのメニューで、ちょいと疲れたため、池之端から久しぶりに
都バスに乗った。本郷三丁目のあたりは、何年、時がたっても、やはり忘れがたい
場所なのだが、なつかしいのも事実。
でも、飯田橋を通って、早稲田に出たころには現実に引き戻された。

なにはともあれ、充実した日であった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

伊豆

仕事がらみで、3泊4日で伊豆に行った。

新しい仕事場での大きな仕事のひとつであり、行くまでの準備も
泣きそうになるくらい、しんどかったcrying
朝の集合も早く、自分のなかでは前代未聞で5時起きの6時出。

ただ、この仕事のおかげで「変な自信」もついた(苦笑)。
それは、「短い睡眠時間でもなんとかなる」っていう至極当たり前のこと(笑)。
夕方、猛烈な睡魔に見舞われたのは確かだけど、あとはなんとかなった!
それに、アルコールが飲めた! これは笑っちゃうけど、休みの日はともかく、
深夜にアルコールを飲んで、そのあと仕事ができた、なんて、奇跡だね(苦笑)。

でも、そのとばっちりなのか、ストレスなのか、伊豆に向かっている途中から、
奥歯がぐらぐら。これは多分、とれるでしょう。

伊豆は朝、うぐいすが鳴き、鳥の羽音や川のながれがあり、ついこのあいだまで
住んでいた場所を思い出させてくれて、まちがいなく癒された。

コンクリートジャングルはしんどい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« April 2009 | Main | June 2009 »