« December 2007 | Main | February 2008 »

余波

昨日の懸案の余波が今日も続く。

この余波はおおむね好意的といえば好意的なのだが・・・。
実は、まだ来週にもう一山あるのだ。ここで、どかんと一発あるかもしれない。
少し、落ち着いて、情報を整理しなければ。足りなかったことは何か?
考えないといけないことは山のようにあるはずなのだ。

「・・・かもしれない」におびえていてもしょうがない。
わかってるけど、正直なところ、心配(苦笑)。
立ち止まって心配するより、確認して前進せよ、だ。(>強気じゃん、自分。)

セオリーに拘泥するつもりはないのだが、今回は多少なりともセオリーの蓄積
に助けられた、のは確かであった。
なにより、自分の頭の中を整理して、具体的なことばにしていくことの大切さを
今更ながら、再確認できたのは自分にとっては大きな収穫だった。
過去のトラウマも(苦笑)、これで払拭できるといいのだが・・・(苦笑)。
これは、まさしく「これからの自分」にかかっている。この一言に尽きる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

懸案、終了

仕事上の懸案がひとつ解決、というか終了。

ここのところ、これのおかげで、あけてもくれても、こればかりだったから、
ちょっと解放された。でも、課題は山積。

今日はその仕事のおかげで、誰が見ても「てんぱって」見えたらしい(苦笑)。
本人、ある時間、自分なのに、自分でなくなっていて、「よっしゃ~」と自分なりに
腹を括った認識はあるものの、端から見ると、明らかに目は泳いでいたらしい(苦笑)。

昨日は「プラダを着た悪魔」のDVDを見直して、気持ちばかり(だけ?)は、
妙に、「やってやる~!」って感じだったのだが・・・。

結局、朝、草々くんの一言に一番、励まされ、背中をおしてもらいました(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

やっぱり

明け方目が覚めたら、まだ4時だった・・・(^_^;)
何を気にしているんだ・・・自分、って感じ。
「寝るぞ」「寝るぞ」と呪文をかけて、寝たら6時半(苦笑)。今日は臨時の休みなのに!

あまりにお腹の具合が治らないのが気になって、またもや医者へ行く。
そして、また点滴。今度は味の素の「ソリダT3」ってやつ。40分もかかった・・・。
あと、胃の調子を治す薬を大量に持たされる。

早く、治したい・・・。おいしいものをおいしく食べたい・・・(^_-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

漢方を飲みながら

風邪の余波なのか、すっかり調子が狂っている。

食欲がない
それでも、がんばって、食べている。食べないと胃が痛み、
食べても胃が痛み。これって、どうよ(苦笑)。

仕方がないので、手元にあった漢方を食前に飲んで、それからスープを作る。
なるべく、たくさんの野菜を煮込んで、ミルクを足して。

夕方、これじゃいかん、と気分転換に、図書館へ行ってみる。

新刊の棚にあった何冊かを借りてみる。
それに、ワインを主題にしたアンソロジーを発見。他に読みたい本も何冊か。
内心、読みたいのがあれやこれやと考えられる自分を発見し、安心する。

石田衣良「てのひらの迷路」は衝動買いして、少しずつ。
私小説というと、柳美里の隣にでるものは・・・と思うけど、
こういう淡泊ななかに、ああって思わせるのもいいのかも。

今日借りてきたのも、これも、仕事関係のものと併行読み(苦笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

心に響く

「あんたは真ん中でライト当たることが主役って考えているようやけど、
草々さんのために必死で三味線弾いているあんたはすごいで。
人にライト当てるのはすごいことなんやで。」

やっぱ、今日の「ちりとてちん」よかったなぁ。心に響く台詞ばかりだった。

松重さんの「ふるさと」、なんともなぁ。木訥と歌うお父さんの姿に
心打たれない人はいないと思った。もちろん、私も。

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

「ちりとてちん」はおもしろい!

NHKの朝ドラ「ちりとてちん」はおもしろい。
ついつい、見てしまう。

朝見られないときは、夜7時半からBSでやっている再放送、
全然見られなかったときは、BSで土曜にまとめてやってる再放送を見ている。

古典落語のおもしろさも手伝って、人情ってこんなんだったな、って思いながら、
見て、ホッとしている。家族のあったかさも感じる。

同世代の和久井映美のぬけてるような、しっかりしているような、
エネルギーの塊の「おかあちゃん」がいとしい。
これは私がヒロインよりおかあちゃんに近い年齢になったからか(苦笑)。

元気で、前向きな「喜代美」にも、もちろん、元気をもらっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

本の備忘録

最近、読み終わった本。

・江國香織「東京タワー」

 恋って、現実なのに、非現実的なもの。
本当じゃないかもしれないのに、本当だと錯覚してしまうもの。
「不倫」というと、「構えて」考えてしまいそうだけど、気持ちを誰と共有してしたいと
思ったとき、その相手が誰かの奥さんだったり、旦那だったりして、
でも、そんな制約のある環境で、「自分らしく在る」、なら、それって何?
私にはよくわからん。

・毎日新聞科学環境部「理系という生き方」

 自虐的にいえば(苦笑)、私は全く非の打ち所がない「文系」である。
論理的に考えることをもっともっと訓練しておけばよかった、と思う今日この頃。
ついつい、論理の前に感情が、考えの前に「なんとなく」が先行してしまうわけで。
世の中にでてみると、「この現象をどう解釈せよ、というのか」ってことばかりを
つきつけられていて、理系も文系もなかったりする。要は、想像力!
若いうちは、ついつい目先のことにとらわれてしまうが、
それが「目先のことにすぎない」とわかっていることが大事。・・・なはずなんだけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

正真正銘、風邪

3連休だというのに、寝暮らして終わってしまった。
救いはインフルエンザじゃないこと。

でも、「胸」が痛む(苦笑)。胸の痛むようなことを何もしたわけではないのだが。
もちろん、何かに、胸を焦がしているわけではなく(苦笑)。

診断は気管支炎、とのこと。やっちゃいました~。

おかげで、1年ぶりの点滴15分。
わが細い血管は、なかなか針を通さず、こちらは正真正銘、痛い思いをし。
抗生物質をはじめとした薬のオンパレード。漢方もあるよん。

咳は止まったものの、声のおかしさは相変わらず。はやく、なんとかしてくれ。

風邪ひくと、妙に心細くなるから、これのほうが、正真正銘、しんどい(苦笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« December 2007 | Main | February 2008 »