« December 2005 | Main | February 2006 »

ひさしぶりに図書館

ひさしぶりに図書館に行った。

年があけて、ちょっとスケジュールが変わり、前よりも、
本を読んだりする時間がある。ありがたい。読みたい本だらけなのだ。

借りてきた本は硬軟とりまぜ(笑)。

最初に読み始めたのは、『現代思想の冒険者たち―アレント・公共性の復権』
このシリーズがでたとき、読みたいものだらけだったあげく、うちの近くの図書館に
なかったので、おとりよせも待ってられなくて、区内の図書館にでかけた記憶がある。
もちろん、どれから読もうか、迷ったし。本屋で買う気はなかったのね(苦笑)。

ちなみに、今までに読んだのは(もう何年も前だったんだけど)
フーコーとアルチュセール。その頃はフーコーがめちゃ流行ってたんだ(笑)。
アレントの『全体主義の起源』は何度か手にとっては結局挫折した本です。
ひさしぶりだな、こういう硬い本(苦笑)。

このあと、読もうと思っているのは、養老さんの『臨床読書日記』
柳美里の『交換日記』
。ときどき読みたくなる柳節(笑)。

今日、仕事帰りに買ったのは『一個人』の2月号
最近、あんまり書かなかったら、やっぱり書きたくなった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

ハリーポッター

やっと、『HarryPotter and the Half blood prince』を読み終わった!
年の暮れから読み始めたので、かれこれ1ヶ月ぐらいかかったことになる。

ネタバレになるので、あまり詳しくは書けないのが残念だが、
相変わらずの細部は”なんちゃって英語”で、すっとばし読みをしたし、
「結構波乱の展開」なので、やっぱり、日本語版が出るのが待ち遠しい。

お正月休みの最後には『ハリポッターと炎のゴブレット』を新宿の映画館で見た。
最初のクディッチワールドカップのシーンは楽しさでワクワクした。
本のほうでは、彼らがワールドカップ会場で見たいろいろなおもちゃの描写も
おもしろかったんだけど・・・やっぱ、大筋から見ればはしょりになるかな。

余裕があれば読み直したいところだけど、読みたい本も目白押し。
でも、ことあるごとに見直したくなるのは、『賢者の石』だったりする(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« December 2005 | Main | February 2006 »