« July 2005 | Main | September 2005 »

隣町の図書館へ

今日は、隣の駅に用事があったので、ついでに近くにある隣町の図書館に
行ってみた。
言ってはいけないのかもしれないけど・・・なんで、こんなに違うの?(苦笑)
私の住んでいる町の図書館は、ほんと、小さい。建物も古い・・・のよね。
もしかして、これって、町村合併しそこねの惨憺たる結果?
しないなら、しないで、行政努力してほしいなぁ。
例えば、貸し借り/返却はどこでもオッケーとか。
蔵書のネットワーク検索ができるとか。住民サービスとしては、大きいと思うけどな。
ま、隣町のほうが格段大きいので、しかたないといえば、しかたなくて、
隣の町の者なんですけど、って言うだけで、すんなり手続が済んだ、というところは
ありがたかったけど。もっとそういうの、アピールしたらいいのに。

で、借りた本ですが・・・
・柴門ふみ『向田邦子漫画館 花の名前』
・白石公子『はずかしい』               の2冊。

最近、向田邦子に惹かれるの。ブックオフで『父の詫び状』買っちゃったし。
昔、TBSだったかな、『家族熱』っていうドラマを見ていた。再放送かもしれないけど。
加藤治子さんの静かだけど、重い演技を思い出す。それに、三浦友和ね。
あの頃は、家族とか、恋愛とか、結婚とか、今みたく考えることはなかったなぁ。

白石公子は昔から好きな作家。彼女のエッセイを読んでいると共感というより、
お姉さんと話しているような気分になる。
「負け犬」の酒井順子は、何を読んでも、読んでて腹がたつのよね。
(同世代だから、余計そうなのかもしれないけど。)

これから、またいつもの日常が始まる。だから、意識して、新しい「いつもの日常」
を作っていかなきゃ、って思う。読書するのも、その一環。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

喫茶店

冷蔵庫のサイズにあった冷茶用のポットを東京で買ってきたおかげで、
気分がだいぶ違う(苦笑)。まだまだ暑いので、2日にいっぺんは作っている。

今日は昼までの仕事だったので、どこかで昼ごはん!と思ったものの、
あんまり食欲もすすまず・・・ま、でも、こんなふうに昼までの仕事なんて
こういうときにしかないから(苦笑)。

というわけで、行ってみたかったコメダに行ってみた。
(このHPは関東に進出した店のだけど・・・)全く、こっちでは喫茶店は文化だね。
で、名物の(?)白ノワールというのを食べてみました。
あっためたパンにソフトクリーム、そこにメイプルシロップをかけて食べるの。
私はハーフサイズのを頼みました。それにコーヒー。
もちろん、こちらのきまりごと、ちゃんと、おまけの豆菓子がついていました(笑)。

さあ、今日は、ひさびさ、ちゃんと米がたけたから(苦笑)、野菜カレーかな。

| | Comments (0)
|

今日から始動!かな?

後ろ髪を引かれる思いで、帰ってきた(苦笑)。
その髪の毛を切りにいったら、また湿疹だらけ。でたかっ!

今日から職場で仕事があった。休み前にボケていたことが、小さなミスで
たくさん判明。こういうことを素直に受け止められない、私のたわけ!だろうなぁ。

台風がこっちきてくれないかなぁ。
←こういうのこそ、「マイナス思考の塊」っていうんだろうなぁ。
わかっているくせに。自分。く~っ。

こんな自分を受け止めて、毎日、生活していくしかないわけで。

今日から始動です。ふにゅ~。ああ、もっと心の余裕がほしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

墓参り

いろいろあってから初めて、墓参りにいき、無沙汰をわびた。
弟と会ったのもひさしぶり。元気そうでなによりだった。
弟に、お互い、親離れという自立が人よりも10年遅かったよな、
と言われ、妙に納得しつつ、少し寂しい気持ちになった。
私はまだまだ青いのだ。こういっている事自体、始末に負えないのだけど。

そのあと、弟と別れて、神保町へ行った。
神保町に行ったのも、数年ぶり。あちこちに大手の本屋が進出してくれた
おかげで、前よりも神保町のありがたみが減ったように思う。
それに、古本屋で欲しい本を真剣に探して、買ったのは、多分
学生時代以来、約10年ぶりかもしれない。

その後、いつものように、九段下まで歩き、靖国の手前から地下鉄に乗った。
地下鉄の時刻表をみたら、3分ごと。今日、墓参りに乗ろうとした武蔵野線は
15分に1本。電車が来なくてイライラしていたが、あとでよくよく考えると、
「15分に1本も」電車がくるのは、さすが首都圏なのだ。
自分の感覚が変になっている(苦笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

のんだくれのたわごと

前の職場の同僚(かわいい妹たち)と飲んだくれる。
飲み放題で、ひたすら瓶ビール(モルツ)を飲む。
5月に帰ってきたときとは状況がかなり変化しているようだ。
そういう私も酔いにまかせて、愚痴っぽくなっている。

自分を解放しているのは確かだけど、これって、どうよ(苦笑)。

休みが終わるのが正直、本当に怖い。休み明けの自分がどうなっているんだか、
正直、わからない。でも、今更、何も準備していないのに、これから何とかなるに
違いない、って思っている自分もいないもでない。これも、怖い。

一番怖いのは、ある友人から、「自分の決断を尊敬する」って言われたこと。
そういわれると、現在の自分の感情がいかにゆがんでいるかがわかる。
こんなに不安で、こんなに不安定な自分、私はいつも不安定だけど、
そんな自分から見ても、明らかに変だよ。怖い。毎日が怖い。

でも、不安を消すために毎日生きようとしている。
そんな感じです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

まちのスピード

やっとやっと帰ってきた。初めて帰ってきたときとは違う感慨。
ルートを変えて、松本を経由して帰ってきました。松本は何度も行っているから、
どこに何があるのか安心して歩き回れる町なんだけど、乗り継ぎの待ち合わせが
1時間足らずだったため、本屋に行って、チケットショップに行き、おしまい。

夜は女4人で、有楽町のガード下のタイ料理屋へ。630円均一。生中を飲み干せた!
そして、帝国ホテルのラウンジで、おしゃべり。

そして、昨日はサンエーのバーゲン! 行く前まではボトムでいいのがあれば・・・と
買う気満々だったんだけど、行ってから、前回もいまひとつ、これっていうものが
なかった、と思ったことを思い出した(苦笑)。でも、安いにこしたことはないし。
しかし、今回は何かひとつでも、という気持ちが強かったせいなのか、
とりあえず、ボッシュのカットソーを70%オフでゲット。ちょっと満足。

そして、今日は、何年ぶりかで、知り合いのアメリカ人のおじさんに会った。
それも六本木。こんなことがなきゃ、絶対に行かないところだ(苦笑)。
イタメシでパスタを食べていたら、アラブ系のオーナーが挨拶にやってきた。
おかげで、コーヒーとアイスクリームをサービスされ、お得な気分になる。

その後、ABCブックマートを物色。ハリポタ新刊を瞬間斜め読み。
本屋にある多様な情報量に圧倒されている自分がちょっとなさけなかった。

歩くペースとか、人混みとか、なんだかなぁ。ちょっと空虚な気分。
せっかくの休み、あれもこれもと思っているんだけど、もう空回り気味(苦笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« July 2005 | Main | September 2005 »