« May 2005 | Main | July 2005 »

草のにおい

世の中、水不足。空梅雨。一方、豪雨。どうなってるの?全く。

そんなときだからこそ、強い雨が窓に打ちつける音で、朝方目が覚めた。
恵みの雨。でも、出かける頃には小雨がいいな、と思いつつ、また寝る。

夕方、にわかに天かきくもり、外にいた人が建物に入ってくる声。
ドドドーッ。こんどは夕立。

帰る頃、雨はあがっていた。ひさしぶりに気持ちがいい涼しさ。
心地いい、虫のすだく声。青々とした草のにおいがする。
なんか、なつかしい。そんな気がした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

小さな楽しみを少しずつ

隣町にあるこじゃれたフレンチに行くことになった。
車でしか行けない、とのこと。うーん、つらい。早く免許をとらなくちゃ。

ランチは2000・3800・5000の3コース。私が頼んだのは、もちろん、2000円の。

前菜は、アナゴのから揚げと旬のかつおのマリネ風。
そのあと、レタスのサラダ。
メインは、野菜満載のちょっと辛めのカレー。
デザートは、紅茶のババロアと、バニラビーンズたっぷりのアイスクリーム。

店内にはジャズが流れ、え、こんなところにこんな店?ってくらい雰囲気がいい。

こちらに来てから、前に比べると全然、おいしいものを食べに出かけよう
なんて思うこと、していない。帰京したら、ってついつい思っちゃうんだよね。
でも、ちょっといい店で、おいしいものを食する、こんなに基本的な
楽しいことってやっぱない。少しずつでもいいから、できるときに、でかけよう。

誘ってくれた友人に感謝。

| | Comments (0) | TrackBack (1)
|

腱鞘炎がおさまってきたら・・・今度は机の角に手をおもいっきりぶつけた。
うひゃひゃひゃ、ってくらい痛みがあった。
でも、すぐにいかなきゃいけなかったので、その痛みもなんとやら
次の仕事場に向かった。
打ったところは、いまだに赤みを帯びている。始末が悪いのは、
痛みが指の先にときどきあることだ。手の甲だったからか。
まったく、私のおっちょこちょいにも輪がかかってきたぞ。
それにしても・・・最近、私の手は災難だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

テレビねた

そろそろ、ドラマのワンクールが終わるのね。

毎日帰ってくると9時まわっている今日この頃だけど、なんのかんのと
遅い晩御飯を食べながら見てしまうテレビ。

あれれ、毎回見ている・・・(見ようというんじゃなくて、いつも偶然やっている)
のが「離婚弁護士」副題-ハンサムウーマン-。
天海祐希扮する間宮貴子弁護士をみていると、ふーん、って思う。
(副題からもわかるけど、なんかいつもかっこいいのよね、彼女。)
彼女の事務所の多彩な面々のアクションもおもしろい。
それぞれの自分らしいアクションに共感しているのかもしれない。
よく新聞の求人広告を目の皿のように見ていた頃、法律事務所に
勤めるのもいいなぁ、と思った時期が正直ありました(苦笑)。
でも私は法科出身じゃないからなぁ。

あと、週末ついつい見ちゃうのが、「横丁へよ~こちょ
吉本の”くさい”コメディなんだけど、ついつい見ちゃう。
これを日曜の昼下がりにみると、週末だなぁ、と実感するのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

なんかなぁ

愚痴で、恐縮だが、最近、寝ても寝ても疲れがとれない。
朝になると、もう朝なのかぁ、と、がっくり(苦笑)。
今日なんか起きていた時間よりも、寝ていた時間のほうが断然多い。

土曜日も運良く休みだったため、用もあったので、重い体をひきずって、
名古屋にでかけた。

そこで、偶然、懐かしい友と数年ぶりで再会する。
なんでこんなところに、というところから話は始まったが、
「名古屋は住みやすい?」って話で、話を〆た。
もう5年住んでいるというその友人は、5年住んでもまだ慣れない、
と言っていた。「東京から見ると、名古屋って通過駅なんだよね」という
せりふに、他の誰かもそう言っていたことを思い出す。
そうか、みんな、そう思うのか・・・(苦笑)。

で、例によって栄で、寄り道。
パルコにできた世界堂。無印良品。ラシックの旭屋書店。
なんだか、こう書いてみると、東京だったら、池袋であちこち行ったカンジかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ひさびさ

ひさびさ腱鞘炎になった(苦笑)。
毎日の仕事柄、季節柄、しかたないのかもしれないけど・・・

私と腱鞘炎のつきあいは長い。
学生の頃、アルバイトで、住宅地の発掘作業(建物を建てたいと
地面を掘ったら、遺跡がでてしまい、遺跡保全のための
調査発掘をしないと、建物が建てられない・・・というやつ。)
をしたところ、なってしまったのが、最初。
忘れもしない、世田谷のとある住宅地で、
かなり大きな縄文土器の破片がでた。それを串などで、
まわりの土をとっていく。なかなか根気のいる仕事だった。

おまけに、私は筆圧が強い。これが手首に負担をかけるのだ。
おかげで、ひどく悪化させてしまい、手が腫れて、近くの外科に
行ったら、そのお医者さん、元軍医だったもんで、荒療治!
涙が出るほど痛い筋肉注射を打った。

それから、ことあるごとに、腱鞘炎は復活する。学生時代の友達は
腱鞘炎というと私のキーワードのようで、大笑いするんだけどね。

ま、なっちゃったからには、だましだまし、やっていくしかないか。


| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« May 2005 | Main | July 2005 »